過剰な洗髪はバリア機能が低下します

シャンプーの過剰な洗髪と薄毛の関係についての解説記事です。髪によいと思ってやっていることが、実は薄毛や抜け毛の原因になっていることがあります。頭皮や毛穴を清潔にすることは大切です。しかし、過剰な洗髪は、かえって薄毛を招きます。朝は忙しいので、髪の洗い方が雑になりがちです。

乱暴に洗うと頭皮を傷つけたり、洗っているときに髪が絡まって抜けてしまいます。シャンプーをすると汚れだけでなく必要な潤いも洗い流されます。頭皮のバリア機能が低下した状態で紫外線を浴びると、紫外線の影響を強く受けて大きなダメージが加わり、髪が育ちにくく抜けやすくなります。髪を洗うのは1日1回夜のみでよいです。

夜に洗うことで、寝ている間の髪の成長を助けることができます。夜ならゆっくり丁寧に洗えます。頭皮をマッサージすると血行がよくなって、髪の成長が促されます。クシで頭皮をたたくと刺激が加わって血行がよくなりますが、これは薄毛を招く行為です。クシは固いので頭皮には刺激が強すぎます。毛母細胞や毛細血管が傷ついて、髪が育ちにくくなります。マッサージは手で行いましょう。

生え際の養毛の推奨情報備忘録